PageTitle_IMG_Suishinjigyo

地域日本語教育の総合的な体制づくり推進事業とは

趣旨
横浜市の外国人人口は、ここ5年間で約3割増加し、2019年4月末で10万人を突破しました(2021年4月末には101,195人)。このように横浜市では在住外国人数が増加しており、さらなる外国人の受入拡大が見込まれます。そこで、日本語学習を通じて、外国人が生活の場で円滑にコミュニケーションのできる環境を整えます。 
実施主体
公益財団法人横浜市国際交流協会(YOKE)(横浜市国際局委託事業)
文化庁「令和3年度 地域日本語教育の総合的な体制づくり推進事業」採択事業 
実施期間
2021年4月1日から2022年3月10日 

これまでの取組み

地域日本語教育の総合的な体制づくり推進事業(以下、「体制づくり推進事業」)について、各年度ごとに掲載します。

アクションプランと調査報告